Hatsunemiku TOP  > 特集記事一覧  > 体温+1℃で免疫力は5~6倍あがる?!温めて病気予防!

知っトク!?健康スキル

体温+1℃で免疫力は5~6倍あがる?!温めて病気予防!(5/6)

掲載号 vol.11

寒さに負けない!冷えない工夫

簡単に身体を温められる入浴と、冷やさないための衣服。日常生活の中ですぐに実践できる”体温アップ法”をご紹介。寒さから身を守り、全身をポカポカに保ちましょう。

入浴

冷えた身体を温めるのに、入浴は最も効果的な方法。シャワーを浴びるだけでは温まらないので、毎日湯船につかることを心がけましょう

Process1 入浴の基本
体温+4度が目安。気持ちいい温度で。

入浴は、温熱の血管拡張作用で、血行が促進され代謝がアップ。汗をかくことで老廃物の排出も促されます。その他リラックス効果など、さまざまなメリットがあるので、毎日ゆっくり湯船につかりましょう。お湯の温度は体温+4度を目安に、気持ちいい温度で。入浴が難しいときは、手湯や足湯を利用するのもいいでしょう。
[手湯・足湯の方法]洗面器などに42度くらいのお湯をはり、手湯は手首から先、足湯は足首から先を10~15分間つける。手湯の場合は、手湯→冷たい水に1~2分つけるのを2~3回繰り返すと発汗が促進されます。

Process2 半身浴
大量の発汗で余分な水分を排出。

ぬるめのお湯に、みぞおちから下をつける入浴法。20~30分間ゆっくりつかると大量に発汗します。心臓への負担が少ないので、ゆっくりお湯につかることができます。

Process3 薬湯
基本の入浴にプラスしてさらなる温め効果を。

植物の精油成分や、ビタミン、ミネラルなどが湯に溶け出し、血行促進や保温などに役立つとされる薬湯。その一部を紹介します。

●生姜
生姜1個をすりおろし、布袋などに入れて湯船に浮かべます。保温作用があり、冷え症、神経痛、腰痛、リウマチ、風邪予防、不眠などに効果的。

●大根
大根の葉5~6枚を天日で約1週間乾燥させ、その煮出し汁を湯船に入れます。血行を促進させるので、冷え症、神経痛、生理痛などの婦人病に効果的。

●ゆず
1個を半分に切って、そのまま湯船に浮かべます。鎮痛作用、血行促進作用があり神経痛、関節リウマチ、ひびわれ、あかぎれなどに効果的。

●にんにく
にんにくひとかけを刻み、布袋などに入れて湯の中へ。強い血行促進作用があり、肩こり、神経痛、湿疹、痔、疲労回復などに効果的。

衣類

冬の外出にプラスしたいアイテムたち。ちょっとした工夫で、着ぶくれすることなく防寒ができます。活用しましょう!

Process4 腹巻

胃腸などの重要な臓器を温められる腹巻。腸は身体の中で最も重要な免疫機能であり、温めることで全身の免疫力アップにつながります。また、産熱量の多い肝臓や腎臓、腹筋の働きを促すことができます。

Process5 マフラー ストール ベスト

首や脇の下、背中の下部(腎臓周辺)には体熱産生が活発な褐色脂肪細胞があります。この部分を温めることで効果的に保温ができます。

Process6 マスク

口や鼻から冷たい空気が入るのをシャットダウン。衣服1枚分くらい身体を温める効果があります。

この記事の関連記事

もっとみる