Hatsunemiku TOP  > 連載記事一覧  > スマイルメッセージ  > みんなにすすめたい!『私の思い出の味』[どんだへ][ひきずりうどん]

ふふふなコラム

みんなにすすめたい!『私の思い出の味』[どんだへ][ひきずりうどん]

掲載号 vol.32

Vol.11

スマイルメッセージスマイルメッセージ

今回のテーマは、「みんなにすすめたい私の思い出の味」。

読者の皆さまと編集部が、毎号のテーマに沿って“笑顔のモト”を共有する「スマイルメッセージ」。今号のテーマは、『みんなにすすめたい私の思い出の味』。「どんだへ」や「ひきずりうどん」やおばあさまに教わった料理など、読者の皆さまから届いたメッセージをご紹介します!

記事内容

  • みんなにすすめたい!『私の思い出の味』[どんだへ][ひきずりうどん]

読了時間:3分

みんなにすすめたい!『私の思い出の味』[どんだへ][ひきずりうどん]

  1. comment

    四角い木型に、酢飯と地元の食材を入れて作る押し寿司のかくずし。私の出身地では、地元の方が月に数回集まって作り、地域の方に届けてくれました。ひとり暮らしのお年寄りはみんな「ありがたい」と喜んでいました。私もいただくたびに心がほっこりしました。

    (広島県三次市・28歳・女性)

    commentcomment

    地元の食材が入ったお寿司、おいしそうですね! 地元の方の温かい心遣いに頭が下がりますね。

    comment
  2. comment

    山形県のソウルフード、ひきずりうどんです。納豆とサバ缶をからめて食べます。鍋からみんなでワイワイしながらうどんを取って食べる……。懐かしいです。

    (岩手県盛岡市・48歳・女性)

    comment

    鍋からほかほか上がる湯気の向こうに、皆さんの笑顔。楽しそうな様子が目に浮かぶようです!

    comment
  3. comment

    どんだへです。おもしろい名前ですよね。砕いた鏡餅に、蒸したさつまいもをのせてついた、いわゆるイモもちのことです。砂糖入りのきな粉をまぶして食べさせてくれた若き日の母を思い出します。

    (長崎県雲仙市・62歳・女性)

    commentcomment

    長崎の方では鏡餅をそうして食べるのですね! 優しいお母さまの味、私も食べてみたいです。

    comment
  4. comment

    92歳の祖母が、年末に作っていたほっけの飯寿司(いいずし)。結婚した私が「味を引き継ぎたい」と教わることに。 毎年お正月に味を確かめ、「甘かったね」とか、「もうちょっと酢を入れても」なんて話すことも素敵な時間になっています。

    (北海道下川町・37歳・女性)

    comment

    味を引き継ぐことはもちろん、そうして一緒に過ごすことが何よりのおばあさまへの孝行ですね!

    comment
  5. comment

    かに飯です! 今は亡きじいちゃんが、私によく作ってくれました。私が行くと、川で獲ったかにを贅沢に使ったご飯を炊いて待っていてくれて、「早く食え、うまいぞ」と……。懐かしい。川しかない山奥の料理です。

    (福岡県北九州市・68歳・女性)

    commentcomment

    おいしいかに飯をたべさせようと待っていてくれたおじいさまの愛情……。素敵な思い出ですね!

    comment

この記事の関連記事

もっとみる